上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年ももうすぐ終わり。


もっと乗りたかったな~。



DSCF3030.jpg


DSCF3173.jpg


DSC_2261.jpg

DSC_2233.jpg


DSC_2288.jpg


DSC_2372.jpg


DSC_2374.jpg


DSC_2378.jpg


DSC_2462.jpg


DSC_1986.jpg


DSC_2059.jpg



来年は泊まりでツーリングする!を目標にがんばるぞ!


スポンサーサイト
GPZのリアサスを交換後、車高が高くなったことでノーマルのサイドスタンドでは駐車時の傾きが激しくなり、交換することにしました。



今回選んだのはスペックエンジニアリング製の30mmロングのサイドスタンド。



ストッパーもサイドスタンドセンサーも付いてるという事で、これにしました。




取り外した状態。


DSCF3840.jpg




手前に見えてるボルトがストッパーの役目を果たします。

無段階調整になってるので、跳ね上げた際自分好みの高さに出来ます。

DSCF3841.jpg



交換はいたって簡単で、ボルトナット1ヶ所緩めるだけ。


ただし、バネを取り付ける際に元のように組み付けないとボルトに当たって正常に動かなかったりします。

なので取り外す際の向きと方向をよく確認しておいた方がいいです。




傾きはバッチリ修正され見た目も良くなりました。

しかしサイドスタンドを出す際に、足がステップに当たるようになりました。

純正のスタンドの足掛けフックは非常に長く、見た目はイマイチなものの使いやすさは抜群でした。



今回のものはそのフックが短いので使いづらい。

慣れれば問題ないんでしょうが、空振り連発でしばらくは足元確認しながらの駐車になりそうです。





サイドスタンド交換後、色んな部分を磨いたり綺麗にして終了。



テール部分が上がったことでフェンダー裏が少し見えるようになったのでここも綺麗にしてみましたが、維持するのは大変・・・またすぐにドロドロになるんだろうな・・・。

DSC_2012.jpg



スタンドだけピカピカすぎかな?

DSC_2025.jpg


DSC_2054.jpg



しばらく乗れないかも(もしかしたら年内無理)?って感じだったので、ちょっとだけ乗ろうかなと思いましたがあまりにも寒いのでやめときました。


房総の紅葉もさすがに終わってしまったかな~。






GPZのリアホイールを17インチ化して以降、下がった分をエキセントリックを反転して車高の補正をしてました。


見た目的にもう少しテール部分をUPしたいなと思い、昨年末あたりにリアサスの交換をしようと計画してたものの、いつのまにやらその勢いが冷めてしまってました。




しかしここ最近、もう少し乗りやすくならないかな?とシート交換したのをきっかけに、リアサスも交換してしまえ~と勢いにのって注文!



したものの、納期が3カ月以上先とのこと・・・。


ちなみに注文しようとしたのは、yssの17インチ用。


知名度も低いし、あまり評価もされていない?ようですが先日実物を見る機会があり、思いのほかしっかりとした作りで、価格も手頃ということもあり、普通のツーリングしかしない自分には必要十分だろうと思ってこれに決めました。



しかし3カ月以上は長い・・・性格上待ってられない!


ってことでキャンセル。




さて、どうしようか・・・他のメーカーのにしようかと思ったとき


IMG_0066.jpg




↑これが眠ってるわ~!


ってことで約2年前に手に入れて使ってないZZR1100Dのリアサスをとりあえず使ってみようと決めました。




これを使ってダメなら待てばいいか?って感じで交換作業開始。




今回の作業はこの前一緒にテイスト・オブ・ツクバ観戦に行った、ZZR1100さん家のガレージをお借りしました。



私のGPZはセンタースタンドが無いので車体を持ち上げるのにちょっと不安があったので、ここに行けばいろいろあるだろうし何とかなるでしょうってことでお借りしました。





サクサクと作業は進んで既に取り外した状態です。


随分長さが違います。

DSCF3824.jpg



ちなみに取り外すのはリンク部分とサスのアッパー部分を外すだけなので簡単に取り外せました。


問題は車体を持ち上げることですね。


今回は適当な角材があったので、それをエンジン下に入れ両側から油圧ジャッキで持ち上げることで上手くいきました。


センタースタンドが取り付けられれば簡単なんですけどね。


それとGPZの場合、アンダーチューブが無いので適度なジャッキアップポイントが無いのも問題。


今回はさすが農家さん家、なぜこんなところに角材が?って感じで助かりました(笑




DSCF3827.jpg




リンク廻りを綺麗にしてグリスアップしておきました。

DSCF3829.jpg



取り付けに当たっては、アッパー側が干渉するのでサンダーで削りながら様子を見て取り付け。


それにしてもサスが丸見え・・・アルミ板買ってきて上手く隠さないとすぐに汚れて大変です・・・。


DSCF3831.jpg



上手くいきました。

DSCF3832.jpg




車高が上がり過ぎないようにエキセントリックを元の位置に戻してチェーンの張りを確認して、最後に各部増し締めして作業終了。


DSCF3835.jpg


サイレンサーエンドに取り付けていたバッフルも、見た目が悪いので中に入れてもらいました。


音量は変わらずに見た目はスッキリしました。



隣にはZZR1100さんのハーレーが。


よく分かりませんが、原型を留めておらず相当カスタムされているそうです。


年間200キロ位しか乗らないそうですが・・・もったいない・・・。





バイクの話以外にもいろいろと話させて頂いて、有意義な時間を満喫。


日が暮れる前には帰りたかったので、話は尽きませんでしたが帰ることに。




リアサス交換して車高がさらに上がりましたが、足つきはまったく問題なし。


両足がしっかりと着きます。


自分的にはちょうど良い高さ。





走った感想を少々。


東関道を少しだけ走りましたが、すごく良くなったという感じではありません。


しかし車高が上がって重心が高くなったから?軽くなったような印象を受けました。


曲がりやすいです。


その程度ですかね?運転下手なのでよくわかりません(笑




悪くなったという感じはしないので、しばらくこれで乗ってみようかと思います。



問題はサイドスタンドの長さが足りないこと。


ってことで帰ってから色々調べて注文しました。





また愛着が沸いてしまったな~(笑





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。