上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のツーリングの際に違和感と痛みを感じたヘルメットのあご紐。


マイクロラチェット方式というGT-Airのいいところ?のひとつなんでしょうけど、自分的にはダメでした。


グローブしたまま留めたり外したり出来て、微調整も可能。

ツーリング用ヘルメットとしては文句無しなんでしょうけど、とにかく金具及び紐が当たってのど仏の上の方が痛かった。

ツーリング後、3日位は痛みが残るほど。



どうしたものかとネットでいろいろ検索してみると、同じような意見がまぁまぁ見受けられる。

しばらく使えば慣れるものかと思ったりしてみたけど、毎日被るわけでもないし慣れるような感じでもないような気がしたのでメーカーに問い合わせ。



費用は掛かるけど一般的なDリングタイプの物に交換は可能とのことだったので、交換して頂くことにしました。



発送してから1週間弱。


戻ってきました~。


DSCN3661.jpg



さっそく試着してみると痛くないし違和感も無し。交換して良かった。


ちなみに今回のSHOEIの対応ですが、素晴らしい対応をして頂きました。

こちらとしては、メーカーが生み出した新しいものを否定している形になっているのに・・・ご厚意に甘えさせて頂きました。



もうひとつ交換したのがシールド。

これは前回のツーリング前には交換済み。

DSCN3657.jpg



インナーバイザーがあるものの、ノーマルシールドだとちょっとカッコ悪い(笑

しかし濃いものを付けるとインナーバイザーの意味が無くなってしまうのでメロースモークミラーにしてみました。


DSCN3658.jpg



快晴の昼間では、このシールドにインナーバイザーでちょうど良かった。

トンネルの中はインナーバイザー上げれば問題なし。これなら日が暮れてからでも使えそう。



形もだいぶ見慣れてきてだんだん気に入ってきました。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yorinazuma.blog78.fc2.com/tb.php/363-785ee780
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。