上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZZR1400のレリーズに交換してはいるけど、少し前からクラッチの重さが気になってて、レバーの摺動部を掃除したり、レリーズピストンを磨ける範囲で綺麗にしたり。


先日も掃除しようとレリーズを外してピストンを引っ張り出そうとしたものの、ほとんど動かず・・・。



さすがにこれはダメかな~とオーバーホールしようか、新品に交換しようかと悩んだ末、新品のZZR1400レリーズにまたしても交換することにしました。



部品を注文して届くまでの間に、とりあえずダメなレリーズのピストンを抜いてどんな状態か確認しようと試みるも、潤滑剤吹いてみたり、炙ったりしてもビクともしない。


そこで以前、ステムベアリング交換でお世話になったオートショップさくらさんを訪ねてみました。



事情を話しエアでポンッとピストンを抜いてもらいました。


結果は使い物にならないくらいダメダメとの事。ピストンも傷だらけの汚れまくり。



綺麗にして予備でとっておこうかと思ってたけど、ゴミ箱行きとなりました~。



いきなり押しかけてお願いしたにも関わらず、快く引き受けてくれた店主さんに感謝です。




仕事終わってから夜な夜な作業開始。

DSCN3781.jpg





当たり前だけど新品のピストンは軽く押すだけでスコスコ動き気持ちいい。

DSCN3784.jpg




取り替えて、フルード入れてしっかしりエア抜きして完成。


DSCN3787.jpg




ずいぶん軽くなりました~というか元に戻った~。


しかしピストンむき出しで汚れやすいので、小まめに掃除しないとまたすぐに重たくなってくるんだろうな。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yorinazuma.blog78.fc2.com/tb.php/365-00e26dfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。